dawgss

ドーグス

ベース・ヴォーカルの森光奏太(24歳)と、ドラムスの上原俊亮(25歳)による二人組ユニット。それぞれ父親の影響から森光は幼少期からエレクトーンを、そして10歳からベースを始め、上原は3歳からドラムスを始め、共に幼くしてその音楽キャリアをスタートさせる。上京後に共通の知人を通じて知り合った二人は2020年よりSpice rhythmという名義で活動を開始し、コロナ禍では数々のセッション動画をSNSに投稿し話題を集め、オリジナルの楽曲はメンバーとも親交のあるKing Gnu新井和輝のラジオ番組でもオンエアされるなど着実にその注目度を上げている。また、それと並行し、藤井風、Kan Sano、Yaffle、Anly、竹内アンナといったアーティストのレコーディングやライブのサポートを務めるなど、既に各方面ではその卓越した演奏技術が生み出すグルーヴが高い評価と信頼を集めている。

そんな二人がユニット名も新たに「dawgss(ドーグス)」と改めて、10月05日にデビュー曲「ORANGE」をデジタル・リリースすることが決定。レコーディング/ミックスのエンジニアに小森雅仁を迎え、アートワークのデザインは岡野昭仁×井口理「MELODY」やKroi「telegraph」を手掛けるRakが、写真をKing GnuやTENDREを手掛けるフジイセイヤがそれぞれ担当。